Top
Last fishing 2016
a0254868_17025733.jpg
9月30日をもって私の今シーズンは終了しました。




a0254868_17064271.jpg

夢のある本流は毎シーズン通っていたけれども、今シーズンは訪れる機会もなかった。
最終日に夢を追って大混雑覚悟で訪れてみた。
やっぱりすごい人。前泊組が駐車スペースを占領。入れるところを見つけて入ってみる。 
連日叩かれたのであろう。2時間弱あれやこれやと手を変え品を変え探ってみるも超大型は無反応。
以前から気になっていた支流に転戦。そこで出たベッピンさん。

a0254868_17173418.jpg
オレンジ色の側線がきれいで、パーマークも絵具をボトッと落したような印象的な魚。
あんまり人も入らなそうで、大型の魚を期待したけれど、この7寸強がこの谷の最大魚。

この時点でまだ、昼過ぎ。もう1本短い距離であれば遡行できそうな時間。
約10年前にkakuさんと訪れたことのある谷へ。2人の間での通称は「カリン塔」
ザレた斜面をよじ登るか、水深のある流芯を突っ切るか、どちらかしかない箇所がある。
しかし、普段の水量より増水気味。ってかかなり多い。
a0254868_17244175.jpg
とりあえず、堰堤を髙巻いて入渓する。前よりも少し砂が出て、埋まっている印象だけれど、十分好渓。
初めから小型の魚が反応してくれる。
この谷いくつ目かの大場所。この大場所の一つ下、僕好みの小場所で1度だけ予想外の大型が反応してくれた。
この大場所にも十分期待が持てそう。初めは8寸、7寸と中型が反応した。
キャストポイントを流芯脇にずらして、ちょっと深いところを誘うことを意識。
いつもnumaxに言われてた。「君はルアーが上ずり気味」と。
そんなことを意識した中で出てくれた尺上。
a0254868_17443826.jpg
背中に黒点がなく、ブナの出たオスの鼻曲り。今シーズン、ってかここ数年で一番いい魚。
その場で小躍りするほどうれしかった。
a0254868_17462235.jpg
気になっていた通称「カリン塔」ポイントもジャンプ一番、何とか乗り越えることができた。
この上流にある大滝にも期待したけれど、大滝には近づくことすらできなかった。

今シーズンもケガもなく、無事に終えることができ、最後にいい魚に恵まれた。
また、来シーズンも楽しみに禁漁期を過ごそうと思う。


[PR]
Top▲ | by southtroutist12f | 2016-10-02 17:54 | fishing

<< 2017 解禁 | ページトップ | 2016 summer >>